【JENESYS2.0】2017年度中国高校生訪日団第2陣を受入れ

 1. 訪日団の目的

 中国の高校生を訪日招聘し、高校訪問など交流の場を通じて、日本の高校生との親睦を深めるほか、大学訪問、日本の政治・経済・科学技術・社会・歴史・文化等が体感できるような施設や、地方都市の参観を通じて、日本についての多面的な理解と、日中両国青年間の友好を促進することを目的とする。また、日本経済の再生に向けて、日本に対する潜在的な関心を増進させ、訪日外国人の増加を図るとともに、クールジャパンを含めた日本の強みや魅力等の日本ブランド、日本的な「価値」への国際理解を増進させることを目指す。

2. 訪日団の構成

中国高校生を招聘(引率(団長、秘書長等含む)15名、高校生135名)合計150名
派遣予定地域:福建省、内蒙古自治区、河北省

3. 写真


学校交流の様子(北海道)


授業見学の様子(沖縄県)


ホストファミリーとの記念撮影(山口県)


江戸風鈴の絵付け体験(都内)

 4. 主要プログラム及びポイント

セミナー 1回

第2陣のテーマである「企業とイノベーション」に関するセミナーを実施。「企業組織とリーダーシップ」を主たる内容とし、組織行動について、テレワークについて、自己組織化について、健康経営について等々、多種多様な働き方が言われるようになった昨今において、どれもが今後、注目していくべきトピックです。

講師: 法政大学経営大学院 イノベーション・マネジメント研究科 
イノベーション・マネジメント専攻 教授 髙木 晴夫氏

高校訪問・交流 2回

第1分団は北海道・東京、第2分団は群馬・新潟、第3分団は香川・東京、第4分団は沖縄・東京、第5分団は山口・埼玉の高校を訪問し、日本の高校生活を体験するとともに、高校生同士の交流を通し、相互理解を促進し、友好を深める。

【各分団訪問校】

  • 第1分団:北海道札幌あすかぜ高等学校、東京都立総合工科高等学校
  • 第2分団:高崎市立高崎経済大学附属高等学校、新潟県立新井高等学校
  • 第3分団:香川県立三木高等学校、東京都立田柄高等学校
  • 第4分団:沖縄県立名護高等学校、東京都立調布南高等学校
  • 第5分団:山口県立西京高等学校、埼玉県立南陵高等学校

テーマに関する視察 1回

2陣のテーマである「企業とイノベーション」に関する活動に参加を予定。それぞれの視察先では、企業概要、施設の視察、関係者との質疑応答を予定。

【各分団視察先】

  • 第1分団:札幌市立大学
  • 第2分団:サンデンホールディングス株式会社
  • 第3分団:日プラ株式会社
  • 第4分団:株式会社トリム
  • 第5分団:多機能フィルター株式会社

体験プログラム 1~2回

訪問地域の伝統芸能・工芸について、その土地で受け継がれてきた歴史や背景、伝承方法、職人(芸人)の後継者育成等についてのレクチャーを受けるほか、実際に体験を行い日本独自の伝統文化に触れる。伝統工芸制作体験等を予定。
体験予定:食品サンプル製作(東京)、江戸風鈴絵付け(東京)、草履またはリース製作(群馬)
また、第2分団ではみなかみ町にて、第3分団では豊島にて、第4分団では本部町にて、第5分団では萩市にて、農家民泊を体験する。

和風旅館宿泊(和式宴会、温泉体験)1回

第1分団では、札幌にて温泉や和式宴会を体験し、日本文化を理解する。

商業施設視察 1回

日本の製品や商業及び日本人の生活感を理解する。秋葉原周辺を予定。

 その他参観

包括的な日本理解に関する訪問・視察・参観、クールジャパンを体感できるような視察・参観、を都内・地方にて予定。
参観先:都内(浅草寺、東京タワー、お台場、明治神宮、他)
北海道(小樽運河、大倉山展望台、北海道神宮)、群馬(富岡製糸場)、沖縄(美ら海水族館)、山口(秋芳洞)

ページの先頭に戻る