中華全国青年連合会代表団(5つの協力分野)

中華全国青年連合会代表団の来日について

「日中植林・植樹国際連帯事業」(※)の一環として、中華全国青年連合会代表団93名が、12月6日から12月13日まで来日することとなりました。公益財団法人日中友好会館からの委託を受け、当公益社団が中国において経済、省エネ・環境、観光、防災、少子高齢化の5つの協力分野をテーマに、中国の青年を訪日招聘し、植樹活動、環境・防災関連施設の視察等行うことを目的としています。
本代表団は、外務省が推進する「日中植林・植樹国際連帯事業」(*下記)の「日中青少年等交流事業」の一環として招聘され、(公財)日中友好会館の委託を受けて(公社)青年海外協力協会が実施するものです。

※「日中植林・植樹国際連帯事業」とは
日本へ飛来し得る黄砂等の中国の環境問題への対処、青少年等の交流を通じた環境及び防災意識の啓発と対日理解の一層の促進、砂漠化防止等への貢献を図ることで、中国との関係改善の流れを強化し、国際社会の課題に対処することを通じて「戦略的互恵関係」の強化につなげていくことを目的とする。

1. 訪日団概要

代表団名:「日中植林・植樹国際連帯事業」中華全国青年連合会代表団(5つの協力分野)
実施団体:公益社団法人 青年海外協力協会(公益財団法人 日中友好会館より受託)
派遣機関:中華全国青年連合会
派遣協力:在中国日本国大使館
招聘人数:93名
招聘期間:2017年12月6日(水)~12月13日(水) 7泊8日
訪問地 :東京都(全分団)、岡山県・広島県(第1分団)、長野県(第2分団)、宮城県(第3分団)

2. 主要プログラム及びポイント

 植樹活動 各分団1回

 訪問地及びその周辺地域で実施予定。

  • 第1分団(経済)岡山県・広島県:浮島
  • 第2分団(観光)長野県    :駒ヶ根市役所敷地内
  • 第3分団(少子高齢化)宮城県 :千年希望の丘

セミナー 各分団1回

環境または防災に関するセミナーを実施し、理解を深める。首都大学東京 名誉教授兼オープンユニバーシティ特任教授、上海交通大学 客員教授 岩楯 敞広博士に「地震被害と都市防災」についてお話しいただく。

環境・防災施設視察 各分団2回

環境施設または防災施設を2か所訪問・視察予定。

  • 第1分団(経済)岡山県・広島県:バイオマスツアー真庭、ごみ焼却施設広島市中工場
  • 第2分団(観光)長野県    :東京農業大学地球環境科学部、砂防フィールドミュージアム
  • 第3分団(少子高齢化)宮城県 :バイオディーゼル燃料化施設(塩釜市)、津波避難タワー

各分団のテーマに関する視察

各分団に設けられたテーマに沿った企業や団体等を訪問・視察予定。

  • 第1分団(経済)岡山県・広島県:(一社)全国銀行協会、東京証券取引所、日本銀行広島支店
  • 第2分団(観光)長野県    :千畳敷カール、松本城等、須坂市主催歓迎会(観光業関係者)、
  • 第3分団(少子高齢化)宮城県 :(社福)徳心会いずみえん、岩沼市サポートセンター

商業施設視察

大型スーパーまたは大型家電量販店等を予定。日本の製品や商業および日本人の生活感を理解する。

その他包括的(案)対日理解につながる参観

日本の文化・歴史等について理解を深める。(例;皇居外苑、浜離宮、東京タワー、平和記念資料館、そば打ち体験、熊野筆工房訪問等)

 

ページの先頭に戻る