若き津波防災大使2016

世界29カ国(*下記)の高校生で構成された若き津波防災大使、計284名が、2016年11月22日から11月29日までの7泊8日の日程で来日しました。

本事業は「日中植林・植樹国際連帯事業」の「日中青少年等交流事業」の一環として行われ、一行は日本の高校生とともに11月25日から26日まで高知県黒潮町で開催された「世界津波の日」高校生サミット in 黒潮へ参加し、津波防災についてのフィールドワークや議論を通し、日本の津波の歴史や防災・減災の取組を学ぶとともに、今後の課題や自国での取組等について分科会で発表、最終的にはサミット全体の成果文書として「黒潮宣言」を採択しました。また防災林の記念植樹を行いました。

その他、2班に分かれ宮城・和歌山を訪問、宮城では東日本大震災の被災地を視察し、地域の復興・防災・減災のために活動する地元の高校生たちと交流しました。和歌山では「世界津波の日」発祥の地である「稲むらの火の館」の参観をはじめ、地元の高校生たちと防災訓練や交流会に参加、津波被害から尊い命を救う精神について学びました。

招へい国(計29か国)

中国, 韓国, インド, スリランカ, モルディブ, インドネシア, カンボジア, シンガポール, タイ, フィリピン, ブルネイ, ベトナム, マレーシア, ミャンマー, ラオス, サモア, トンガ, パプアニューギニア, パラオ, フィジー, マーシャル, ミクロネシア, アメリカ, チリ, ペルー, トルコ, ポルトガル, ギリシャ, ケニア


開会式 到着時歓迎の様子


全体記念写真


総会 各分科会代表者による報告


宮城県高校生との交流会 

 

参加者の感想(抜粋)

モルディブからの参加者

東日本大震災の傷痕が残る被災地を訪れたことが、最も強く印象に残った。これまで自国で見てきた写真や映像による印象とは違う衝撃を感じた。私達は来日後、自分の目で破壊の惨状を目の当たりにした。津波の被災者の話を聞き、大切なものを失って、長い間どんなに辛い思いをされたかを考えると、涙が止まらなかった。最愛の人や我が家を失ったのにもかかわらず、彼らは毎日懸命に生活を取り戻そうとしていて、体験を語り継いで生きているのだ。日本では、黒潮町で開催されたサミットに参加することができ、自然災害がもたらす甚大な被害に気付いた。

今後起こり得る災害のリスクを減らすために、協力して行動すべき時がきた。出来る限りの手を尽くして、将来の世代の安全を守らなければならない。そのためには、今生きている私達が、崇高な目的のために立ち上がることが求められる。

「若き津波防災大使」の一員として、「黒潮宣言」の誓いを胸に刻み、自国の市民はもとより、世界中の人々の意識を高めるために最善の努力をしていきたい。明るい希望を持てる、安心できる明日に向けて、私達が一歩ずつ進むことができるように。素晴らしい経験をさせていただき、感謝している。
 

ポルトガルからの参加者

今回の旅では、日本の真の姿を知ることができた。思いやりに溢れて、賢く、語り継ぐ経験をたくさん持つ日本の人々、そして、整然と計画的に整備された町並みが思い浮かぶ。旅を進める中で、経験豊富な各国参加者の皆さんとも出会うことができた。

そんな仲間と提案した行動計画を、母国に戻って広めていきたい。行動計画には、私達だけでは思いつかなかった多様な視点が盛り込まれ、革新的で新しいアイデアが詰まっている。このことは、今回の旅とサミットの最も重要な成果であると感じている。具体的には、宮城県志津川高等学校で見せてもらった映像について、母国で伝えていきたい。私自身、その映像を見て、津波の実態に驚かされた。防災対策として整備されたインフラ(避難タワー、川の両岸に建設されたダムなど)、そして、サミット自体の生産性の高さについても話そうと思う。私達を歓迎するために駆けつけてくれた方々に、お礼を伝えてほしい。皆さん一人一人に快く受け入れていただき、感謝している。
 

中国(福建省)からの参加者

今回のサミットに参加できてとても光栄に思う。今回の日本の旅で最も印象深かったのは、高知県の人々の素朴さと温かさだ。到着時の熱烈な歓迎にも、離れる時の見送りにも、日本国民の友情と誠意を感じた。

高知と宮城は共に地震や津波が頻発する多難地域だ。しかし現地の高校生との交流の中で感じたのは、彼らの故郷に対する深い愛情と大自然に対する感謝の念だった。残酷な自然災害に直面した時、彼らは逃げることも恨むこともしない。積極的な心持ちで向き合い、大自然と共存する方法をあれこれ考える。帰国したら皆に話したい。先進技術や設備も確かに重要だが、もっと大切なのは私達が防災意識を重視し、故郷を愛し、大自然に感謝することだと。

中国には「人間の力は自然に打ち勝つ」という言葉があるが、人類は大自然が私達に与えてくれている全てにもっと感謝し、自然と共存していくべきだと思う。

ページの先頭に戻る