【JENESYS2018】中国高校生訪日団第2陣を受入れ

2018年11月7日(水)歓迎会にて、中国の高校生によるパフォーマンス後の集合写真

 1. 訪日団の目的

対外発信力を有し将来を担う人材を招聘し、政治、経済、社会、文化、歴史、外交政策等に関する対日理解の促進を図るとともに、親日派・知日派を発掘し、日本の外交姿勢や魅力等について被招聘者自ら積極的に発信してもらうことで対外発信を強化し、我が国の外交基盤を拡充することを目的とする。

2. 訪日団の構成

中国高校生を招聘(引率(団長、秘書長等含む)20名、高校生178名):合計198名
出身地域:雲南省、青海省、寧夏回族自治区

3. 写真


11月7日 テーマ(「スポーツと五輪」)に関するセミナー(都内)


11月7日 歓迎会(都内)


11月7日 大学訪問(都内)


11月7日 大学訪問(都内)


11月8日 万華鏡製作体験(富山)


11月8日 テーマに関する視察(長崎)


11月9日 学校交流(新潟)


11月9日 学校交流(富山)


11月10日 対面式(富山)


11月11日 お別れ式(福井)


11月11日 染織体験(岩手)


11月12日 学校交流(都内)


11月12日 学校交流(山形)


11月13日 都内参観(都内)


11月13日 報告会(都内)


11月14日 離日(都内)

4. 主要プログラム及びポイント

セミナー 1回

第2陣のテーマである「スポーツと五輪」に関するセミナーを実施。前半の導入セッションでは「官民連携で取り組むスポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)の概要と中国関係事業紹介」について、SFTコンソーシアム事務局の担当ディレクターにお話しいただき、そして後半では、本セミナー本旨である「オリンピック・パラリンピックの歴史・意義」について、有識者(下記)をお招きし訪日団は聴講。中国も2022年には北京冬季オリパラの開催を控え、オリパラレガシーについて等を考える機会となった。

  • セミナー講師として:筑波大学 体育系 教授 真田 久 氏

;古代から近現代のオリンピックに関する歴史研究や嘉納治五郎の思想と行動に関する研究に従事しつつ、国内外のオリンピック教育に関し、実践的に研究

高校訪問・交流 2回

A-1分団は富山県・石川県、A-2分団は福井県・滋賀県、A-3分団は長崎県・佐賀県、B-1分団は岩手県・東京都、B-2分団は宮城県・山形県、B-3分団は新潟県・東京都、それぞれの高校を訪問し、日本の高校生活を体験するとともに、高校生同士の交流を通し、相互理解を促進し友好を深めた。

【各分団訪問校】

  • A-1分団:富山県立伏木高等学校、石川県立金沢商業高等学校
  • A-2分団:福井県立武生工業高等学校、立命館守山高等学校(滋賀県)
  • A-3分団:長崎県立佐世保商業高等学校、佐賀県立唐津東高等学校
  • B-1分団:岩手県立不来方高等学校、都立総合工科高等学校
  • B-2分団:宮城県仙台東高等学校、九里学園高等学校(山形県)
  • B-3分団:新潟県立燕中等教育学校、都立田柄高等学校

テーマに関する視察 1回

第2陣のテーマである「スポーツと五輪」に関する訪問先を視察。それぞれの視察先では、企業/団体概要、テーマに関する施設の視察、関係者との質疑応答を実施。

【各分団視察先】

  • A-1分団:いしかわ総合スポーツセンター
  • A-2分団:福井工業大学
  • A-3分団:長崎県立総合運動公園
  • B-1分団:盛岡タカヤアリーナ
  • B-2分団:ひとめぼれスタジアム宮城
  • B-3分団:オールアルビレックス・スポーツクラブ、デンカビックワンスタジアム

体験プログラム 1~2回

訪問地域の伝統芸能・工芸について、その土地で受け継がれてきた歴史や背景、伝承方法、職人(芸人)の後継者育成等についてのレクチャーを受けたほか、実際に伝統工芸製作体験等を行い、日本独自の伝統文化に触れた。*();現地調整団体

【各分団体験先】

  • A-1分団:万華鏡製作体験(富山ガラス工房)
  • A-2分団:サンドブラスト製作体験(株式会社黒壁)
  • A-3分団:勾玉製作体験(吉野ケ里歴史公園)
  • B-1分団:染物体験(盛岡手づくり村)
  • B-2分団:紅花染め体験(染織工房わくわく館)
  • B-3分団:紙風船製作体験(道の駅天領の里)

農家民泊体験、または和風旅館宿泊(和式宴会、温泉体験) 1回

日常の日本人の生活に入り、その習慣や文化、また普段の装いの日本人との交流を体験。言葉の不自由を超える互いの工夫により成立するコミュニケーションは、より深いつながりを築き、本プログラム終了後にも続く交流のきっかけになることを期待。*();現地調整団体

【各分団民泊等体験先】

  • A-1分団:富山県下新川郡朝日町(あさひふるさと体験推進協議会)
  • A-2分団:福井県福井市またその周辺(教育旅行ふくい)
  • A-3分団:長崎県大村市(大村市グリーン・ツーリズム推進協議会)
  • B-1分団:岩手県岩手郡雫石町(雫石町グリーン・ツーリズム推進協議会)
  • B-2分団:アクティブリゾーツ宮城蔵王
  • B-3分団:新潟県上越市またその周辺(にいがたグリーン・ツーリズムセンター)

商業施設視察 1回

家電量販店やショッピングモール等、日本の商業施設を訪問。家電製品や様々な日用品、メイドインジャパンのいろいろな商品を見、また、サービス業をも一般客として、オリンピック招へいに向けたIOCでの最後のプレゼンでも話題になった、日本による「おもてなし」の一つの形として、体験。イトーヨーカドー、イオンモールを訪問。

【各分団商業施設視察先】

  • A-1~3分団:イトーヨーカドー木場店
  • B-1~3分団:イオンスタイル南砂店

その他参観

包括的な日本理解に関する訪問・視察・参観、対日理解の促進や日本に関する情報の発信意欲を促すような視察・参観、を都内・地方にて実施。

【各分団参観先】

  • A-1分団:(富山県)富山市ガラス美術館、五箇山合掌造り集落、(石川県)金沢市立安江金箔工芸館、ひがし茶屋街、兼六園
  • A-2分団:(福井県)一乗谷朝倉氏遺跡、御誕生寺(猫寺)、東尋坊、福井県立恐竜博物館、(滋賀県)彦根城
  • A-3分団:(長崎県)九十九島、弓張岳、長崎原爆資料館、大浦天主堂、(佐賀県)虹の松原、唐津城、曳山展示場
  • B-1分団:(岩手県)盛岡城跡公園、小岩井農場、(都内)皇居外苑、浅草寺・仲見世、都庁展望室、日本科学未来館、お台場海浜公園
  • B-2分団:(宮城県)せんだいメディアテーク、青葉城址、松島、岩沼ひつじ村、(山形県)宝珠山立石寺、東京タワー
  • B-3分団:(新潟県)春日山城跡、フォッサマグナミュージアム、(都内)浅草寺、パナソニックセンター東京、皇居外苑、日本科学未来館、お台場海浜公園

ページの先頭に戻る