復興のアユダンテ~復興支援の現場から

2013年1月に開始した復興庁・JOCA・JICAによる三者連携事業を通じ、東日本大震災被災地の自治体に青年海外協力隊経験者が派遣され、応援職員として復興支援に加わっています。

この事業において、当協会は青年海外協力隊経験者からの応募を受け付けるほか、岩手、宮城、福島県の復興局にコーディネーターを派遣し、自治体からの要請と応募者のマッチング業務に当たっています。「途上国支援から復興支援へ」。復興のアユダンテ(スペイン語で「助っ人」の意)たちの声をお伝えします。

ページの先頭に戻る