復興庁・JOCA・JICAとの三者連携事業

復興庁・JOCA・JICAとの三者連携事業による復興支援員の募集

復興庁と青年海外協力協会、国際協力機構(JICA)との三者連携により、被災自治体に派遣する、「復興支援員」を募集します。

協力隊経験者の「適応能力」「柔軟さ」が復興の現場に役立つ~福島復興局 白井基晴次長インタビュー(2016年3月18日掲載)

協力隊経験者の「適応能力」「柔軟さ」が復興の現場に役立つ~福島復興局 白井基晴次長インタビュー(2016年3月18日掲載)

東日本大震災から5年が過ぎ、各被災地から新しいまちづくりの様子が伝わってきます。一方で、震災に加え原発事故による災禍に見舞われた福島県の復興はこれからが本格的なステージ。復興支援に多くの人材が求められている福島県の状況について、福島復興局次長、白井基晴氏に話を聞きました。

途上国で抱いた復興への思いを福島に~復興支援員として活動した協力隊経験者(2016年3月18日掲載)

途上国で抱いた復興への思いを福島に~復興支援員として活動した協力隊経験者(2016年3月18日掲載)

福島県で活動し、2016年3月に復興支援員の任期を終える、森一樹さん(平成21年度3次隊・フィリピン・村落開発普及員/配属先:福島復興局)、東郷知沙さん(平成23年度2次隊・ガーナ・プログラムオフィサー/配属先:福島復興局帰還環境整備センター〔川内村〕)、濵田愛さん(平成23年度2次隊・ヨルダン・体育/配属先:南相馬市健康づくり課)、草野恵美さん(平成23年度1次隊・フィリピン・村落開発普及員/派遣先:双葉町教育委員会〔いわき市〕)の4人に話を聞きました

復興のアユダンテ~復興支援の現場から

2013年1月に開始した復興庁・JOCA・JICAによる三者連携事業を通じ、東日本大震災被災地の自治体に青年海外協力隊経験者が派遣され、応援職員として復興支援に加わっています。途上国から被災地に活動の場を移し、復興支援に加わる協力隊経験者の声をお伝えします。

被災地への「応援職員」派遣を継続~復興庁・JICAとの三者連携 平成27年度の協定を締結(2015年6月)

東日本大震災で被災した自治体への「応援職員」として、青年海外協力隊経験者が、復興庁・JICAとの三者連携を通じて派遣されています。この取り組みを今後も継続するため、当協会はこのたび復興庁、JICAと平成27年度の連携協定を締結しました。

復興庁、JOCA、JICAの三者連携により、青年協力隊経験者を被災地の自治体に派遣(2013年3月4日掲載)

復興庁、JOCA、JICAの三者連携により、青年協力隊経験者を被災地の自治体に派遣(2013年3月4日掲載)

東日本大震災で被災し、マンパワーが不足する市町村への人的支援として、復興庁、当協会と国際協力機構(JICA)の連携の下、3月1日より宮城県の女川町と気仙沼市に青年海外協力隊経験者3名が派遣されました。

ページの先頭に戻る