玉浦西4丁目の町内会発足をサポート(2016年3月8日掲載)

写真
ミニ夏祭りでの「流しそうめん」

仮設住宅やみなし仮設住宅からの集団移転先である玉浦西地区。2015年7月に「まち開き」が行なわれ、地区内では新たな町内会がつくられてきましたが、そのうち一つの町内会の発足が遅れていました。

そこで当センターは、他の被災者支援団体との連携の下、住民同士の「顔つなぎ」の機会をつくろうと、いろいろなイベントを企画してきました。

避難訓練の様子
避難訓練の様子

2015年12月より発足した「町内会準備会」に当センターも加わり、協議を重ね、今年2月には、町内会長をはじめとする暫定役員の選出、規約案の作成という段階までこぎつけました。今後開催予定の総会で承認を得られれば、町内会が正式に設立されます。

設立準備会
準備会の打ち合わせ

関係者と連携し、小さいスケールながらも、一つの新しいコミュティ形成への支援活動。この取り組みを通じ、「あってあたりまえの町内会」ではなく、多くの人々が参加・協議を重ね改正され、より良い町内会を築いていく大切さを、スタッフ一同学んでいます。

報告者:里の杜サポートセンター 原田 勝成
(昭和53年度1次隊/モロッコ/体育)

ページの先頭に戻る