年の瀬・年初め2015(2015年1月14日掲載)

写真
天候にも恵まれてまさにマラソン日和でした。

年末年始は岩沼にも寒波が訪れましたが、大雪は降らず、日中は暖かい日差しの射す天候に恵まれた年明けとなりました。

今回は昨年末のことも含め、サポートセンターの様子をお伝えします。

まずは、昨年12月7日に行われた毎年恒例のエアポートマラソン! 岩沼市主催のこのイベントに、我々センター職員もこぞって参加しました。距離は10キロと決して長くはなかったのですが、最近運動不足だったメンバーには大変な試練でした・・・。

写真
運動不足で悲痛な表情を浮かべつつも完走!

走行コースは被災した土地を始め仮設住宅前を通ります。走行の苦しい中、仮設にお住まいの顔なじみの方や周りの地域住民の方々も、大きな声で応援してくださいました。皆さんが応援してくださることや、労いの言葉を頂くと「今年もみんなで一緒に頑張らせてもらったな!」と嬉しさや感謝の気持ちで満たされました。お陰さまでなんとか全員完走することができました。


飾ってみんなで眺めつつ、あれこれ話題が尽きません

話は変わり、里の杜の仮設住宅においては年末年始にかけて、集団移転先に引っ越される方が多くいらっしゃいました。現時点での予定では、今年の5~6月頃までには、ほとんどの方が仮設住宅より集団移転先へ転居する予定になっています。

したがい、今年はサポートセンターの活動においても大きな変化のある一年になりそうです。

ところで皆さん、今年はどんな一年にしたいですか。

写真
住民の皆さん、本当に達筆です!

年が明け、サポートセンターでは「今年の私2015」という題目で書初めイベントを行いました。センターに来所された住民の方たちと一緒に「漢字一文字」で抱負を表します。

やってみると実に面白いですね。書いた後に「この漢字を選んだ理由は?」とうかがうと、「単純にこの漢字が好きだから!」「今年は○○○という年にしたいから!」といった様々な思いを聞かせてくださいます。

 

改めて書かれた作品を並べてみると、皆さんの今、これからの状況や心持ち、キャラクターといったものが一文字でも本当によく表れています。
一年はあっという間ですが、この壁に飾られた一つひとつの年頭所感をふとした時に見返しては、自分自身の背筋を伸ばしつつ、目の前のことに真新しい気持ちで取り組んでいけたらと思います。


とはいえ、とにもかくにも健康第一に。
今年も多くの幸せを感じられる一年になりますように。

写真
「書きやすい漢字かなと思って」とご本人。
選ぶ漢字にも個性を感じますね

写真
一昨年、仮設の集会所で結婚式を挙げた桝山スタッフ。
今年は子どもと共に育つ一年に!

報告者:里の杜サポートセンター 榎木 翔一
(平成23年度2次隊/ベナン/ソーシャルワーカー)

一覧に戻る

ページの先頭に戻る