梅雨と晴れ間と清掃とサッカー(2014年6月24日)

人面草に見えますか。住民の方のユーモアです
人面草に見えますか。住民の方のユーモアです

6月に入り、岩沼も雨が続く季節となりました。梅雨の中休み、ベンチに集まる方が、右の写真の花を教えてくださいました。

この写真のように「元気にやっているよ」とおっしゃる方もいれば、笑顔になれない方もいらっしゃると思います。いつか「あんなことがあったね」と話せる時がくればいいと思います。

子どもから大人まで多くの方が清掃活動に参加されました
子どもから大人まで多くの方が清掃に参加されました

雨が降り続き、仮設住宅内外の草が伸びてきました。今年も仮設住宅の代表者の呼びかけで、地区周辺の地域清掃活動が行われました。

お世話になっている里の杜地区の方へ、仮設住宅住民によるボランティア活動です。普段お会いできない方も、日曜日の早朝から草むしりに参加されていました。

草むしりでお疲れの中、みなさんが手伝ってくださいました
お疲れの中、皆さんが手伝ってくださいました

その後集会室で、サッカーワールドカップ日本対コートジボワールの試合を大画面スクリーンで観戦しました。

観戦前に、里の杜サポートセンターが開催する「みんなの料理教室」参加者の有志の方やお手伝いをしてくださる方とで、サンドイッチ、ポップコーン、ラスクなどの軽食を作りました。参加希望の事前連絡は少なかったのですが、当日は暑い中、集会室の開場前から、大人から子どもまで30名近くが集まり、中には、ふだんは集まりに参加されない住民の方も来てくださいました。

観戦の様子
観戦中は手を叩いたり、思わず声が挙がっていました。
ご近所の方、騒がしくてご迷惑をおかけしました

サッカーを熱心に観る方、住民同士の交流を楽しむ方、準備から片づけまで手伝ってくださる方、皆さんのご協力のおかげで、盛り上がりました。

報告:里の杜サポートセンター 黒川順子
(平成17年度1次隊/ラオス/看護師)

 

一覧に戻る

ページの先頭に戻る