宮城県丸森町の支援活動に向けて調整開始

 宮城県丸森町での支援活動開始に向けて調整開始

 当協会ではこれまで本部のある長野県内での支援活動を行っていますが、広域的な災害によって全国の支援団体の手も十分でないと、災害支援団体のネットワーク組織である(特活)全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)からの相談を受け、令和元年10月31日、宮城県丸森町の状況視察を行いました。

 東日本大震災において、同県の岩沼市で実施してきた、避難所運営から仮設住宅の見守り支援とコミュニティ再生に向けた支援活動の経験を活かし、丸森町においても避難所運営から仮設住宅における住民支援活動を展開することを視野に、調整を開始しています。

 


台風19号による水害被害の様子


支流も含め被害は広範囲に渡る


支援開始に向け調整

ページの先頭に戻る