新潟県中越地震緊急支援(2004年11月)

2004年10月23日午後5時56分に発生した新潟県中越地震では、日本全国から多くのボランティアが現地での支援活動を行いました。当協会も地震発生直後から現地調査を行い、その後、一月以上にわたり支援のための要員を派遣しました。 

写真
活動中のボランティア

写真
川口町ボランティアセンター

支援期間

  • 現地調査(川口町、小千谷市、十日町市):2004年11月3日(水)~11月5日(金)
  • 情報収集・支援活動:2004年11月11日(土)~12月22日(水)

派遣ボランティア数

延べ24名(帰国隊員、当協会職員)

主な支援内容

当協会の活動

  • 帰国隊員によるボランティア派遣のための調整
  • 川口町災害ボランティアセンター運営支援(同センター本部と支所との連絡・調整業務)

帰国隊員による活動

  • 独居老人宅の巡回訪問(医療・介護系職OG 8名)
  • 託児施設の運営支援(青少年活動OG 1名)
  • 避難所での足浴や散髪(美容師OG 1名)

今後の支援体制について

今回の活動から、現地の支援ニーズに速やかに対応するためには、日頃からボランティア登録による要員の確保が重要であることを学びました。これらのことを踏まえ、当協会は帰国隊員を対象に、災害救援専門ボランティアの登録者を募集します。これは災害発生時、当協会が被災地で入手した情報を登録された皆さんに提供し、自主的に被災地で活動しようとする方々を支援するものです。

災害救援専門ボランティアについて

ページの先頭に戻る